妖怪と人間の絆に涙。『夏目友人帳』

孤独でも、居場所はある

 

主人公は夏目貴志。夏目は妖(あやかし)が見える不思議な力を持っている。

その事が原因で周囲から疎外され、内向的な性格となっていってしまう。

両親さえ持たない夏目だが、ある日藤原夫妻と言う夫婦が名乗りをあげ、田舎町の藤原夫妻の元へ移り住む事になる。

ある日祖母の夏目レイコの遺品を整理していると手帳を見つけてしまう。

その手帳は「友人帳」と呼ばれる物で、この手帳が引き金となり、ニャンコ先生と呼ばれる猫との出会いを始め、様々な奮闘が夏目を待っている。

今回は多くの感動シーンを生んできた漫画「夏目友人帳」をReinaちゃんに紹介してもらいました!

夏目友人帳

  • 著者:緑川ゆき
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2005/10/5

少し気にかかっていた時に

natsume_1

–この漫画を読んだきっかけを教えて下さい!

Reina
モデル仲間である友人と撮影の待機時間に、最新のアニメは何を見ているか?の話をしていた時に。他のアニメの合間にあるCMや、お店でも、よく“夏目友人帳”を目にするようになっていたので、当時気になっていました。会話の中で…「絶対これ好きだよ!!!」…という、アニメ好きな友人の熱烈なオススメで、まずはアニメから入りました。

–そして今こちらでマンガを紹介させて頂く運びに…という事は?

Reina
そうです(笑)マンガも読破したくなる程…ドはまりしました。さすが友人です。私の好みをバッチリ網羅しています

 二人で一つ、と言える程の存在

–好きなキャラクターをお願いします

Reina
この質問は毎回悩ましいですね~。どのキャラクターも魅力的で選ぶのが非常に困難です。主人公である夏目に、ニャンコ先生は勿論…なのですが、藤原夫婦ですね!
Reina
塔子さんと滋さん。名前を聞くだけで、すでに泣きそうです(笑)二人の関係を見ていると、穏やかでやさしい気持ちになります

 

–寝てばかりのニャンコ先生、可愛いビジュアルと強さで圧倒的な存在感ですよね。そしてその二人の関係、わかります!二人の絆と愛情はとても強いですよね。

一人よりも二人が良い

natsume_2

–好きなシーンはどこですか?

Reina
アニメですと、夏目友人帳 伍(5期)の第10話・マンガは、第15巻に収録されている特別編13です!
Reina
タイトルは、“塔子と滋”藤原夫妻のお話です。今回は、アニメのお話もあえて多くさせて頂いているのですが、是非どちらも見て、マンガとの比較を楽しんで頂ければなぁ…と。アニメ・マンガを初めから見ている方は勿論、まるでこのお話を知らない方へも、特にオススメの神回です!私は何度見ても、号泣です(笑)どこが…とまとめられない位、細部まで丁寧に描かれているので繰り返し見たくなる…心と脳にダイレクトに響くお話ですね。あえてあげるなら…友達との旅行先で、塔子さんが、きれいな海を見て、“滋さんにも見せたいわ”…と滋さんを思うシーン!そのシーンでのコマ割り!
Reina

滋さんの笑顔と塔子さんの横顔の憂いをも感じる美しさ!

綺麗なものを見る時、誰と一緒に見たいか?

美味しいものを食べる時、誰と一緒に食べたいのか?

話を聞く時の姿勢や、相手の癖…

幸せな事だらけではない、辛い時も沢山あり…だからこそ、そんな“日々”を共に過ごし、分かち合える…二人はかけがえのない最高のパートナーだなぁ…と。そんな関係に、本当に憧れちゃいますね♪

–塔子が旅行先で滋さんを思い出し涙するシーンですね!滋さんへの思いがしっかりと伝わってきます。そして塔子さんは素敵な奥様だなぁと…

どんな時も自分を信じる力

–この漫画はどんな方にオススメですか?

Reina
目に見えないものは、なかなか信じてもらえなかったり、信じる事が難しかったり、何か少しの違いで、仲間外れにされたり、悪意を向けられたり、誤解があったり…理解してもらえずに、孤独になってしまう、全て本人のせいにされてしまう、自分の一番の味方は自分のはずなのに…自分自身でさえ、そんな自分を卑下し、責めてしまう。“変わってるね”“変なの”コミュニティの中で、大まかなくくりで同じ人間であっても…一人一人違うからこそ、すれ違ってしまう辛い部分もあり、だからこそ、今、孤独だな…と感じている方や、変わっているね…と、集団に馴染みながらも、自分の存在にどこか違和感がある方へ、是非読んで頂きたいですね!少女マンガ誌で連載されていますが、男性でも問題なく読める妖怪モノです。怖い…というよりも、妖怪達の方がむしろ人間らしい情があったり…読後には男女関係なく、心の中に優しくてあたたかい気持ちが流れこんでくるような…そんな作品です♪

–夏目友人帳の大きな魅力として人と妖の繋がりがありますよね。確かに妖が人間以上に人間らしいと感じられます、何故でしょうか(笑)

運命、本当にあるかも

natsume_3

–このマンガとの出会いがあなたの人生をどう変えましたか?

Reina
よく夢見がちなタイプに見られる事が多いですし、そう考えるのも好きなのですが…実はわりと現実主義です(笑)このマンガのキャラクターや…中でも塔子さんと滋さんを見ていると、運命の相手って本当に居るんだな…と、思わず信じたくなっちゃいますね♪まさに理想の夫婦です!二人の関係も、マンガの世界だから…では、片付ける事が出来ない、どこか身近な雰囲気もある所が魅力の一つです。私の価値観が良い意味で壊され、新たに構築されました♪

–妖と人間、登場キャラクターの関係性を見ていると色々な形があるのだなと思いますよね。

泣いたら、また笑顔になれる

–沢山の魅力を語って下さり、ありがとうございました!最後に一言お願いします!

Reina
アニメ版の音楽も、毎回素晴らしいのですが…特に5期のエンディングテーマ、Aimer(エメ)さんの『茜さす』が大好きで、マンガを読む際のお供にしています♪泣く事もストレス解消法の一つ!そして、心があたたかくなったら…自然と笑顔が増えます。是非お試しあれ♪

Reinaちゃんに夏目友人帳の魅力を多く語って頂きました。

夏目友人帳の魅力は、その世界観にもあります。物語の舞台となっている風景がとても綺麗。

山深い田舎、そこを流れる大きな川や古い建物。

どこか懐かしく、何故なのか切ない気持ちに浸ってしまう。 

日々日常に追われ、私達は自分だけの感性や自分自身がどこかに置き去りになってしまっているかもしれない。

「夏目友人帳」は自分の中の忘れてしまった何かに出会える漫画、詠めば不思議と心があったまりますよ。

夏目友人帳

  • 著者:緑川ゆき
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2005/10/5

モデルプロフィール

natsume_profile
  • 名前:Reina
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:受付
  • 趣味・一言:アロマの勉強中です♡
  • 最近の悩み:突然辛いものが食べたくなる
  • Instagram:@wataame.pink

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

友美

冨樫義博先生の漫画をはじめ、漫画が好きです。カフカの“変身”は漫画ではありませんが「朝起きたら主人公が虫になり仰向けのまま起き上がれない&虫のまま死ぬ」と言う私にとっては謎のストーリー。 初めて読んだ10代の頃、どうしてこんなつまらない本が世に転がっているのだろうと思いました。今でも意味はわからないが、名作はこんな風に人の心に残り続ける物だなと思い、読書全般好き。 読者モデルとピアノ演奏もやっています。