「いただきます」を通して、夢を見つける大切さを学ぶ『銀の匙』

農業高校“エゾノー”を舞台にした学園漫画 『銀の匙』

『鋼の錬金術師』作者の荒川弘さんの作品、農業高校漫画『銀の匙』。実は、農業高校出身だった荒川弘さんの実体験が多く反映されています。

アニメ化・実写映画化もされ、映画では中島健人さん(主人公・八軒勇吾役)、広瀬アリスさん(御影アキ役)が主演を務め、各方面で話題となりました。

銀の匙

  • 著者:荒川弘
  • 出版社:小学館(少年サンデーコミックス)
  • 発売日:2011/7/15

 

舞台は北海道。進学校での学力競争と父との確執から逃れるため、全寮制の大蝦夷農業高等学校(通称エゾノー)の酪農科学科に入学した主人公、八軒勇吾。クラスメイトには、実家の後継ぎをする者、獣医を目指す者、農業の経営者になりたい者やチーズ工房を開きたい者など、将来の夢を持つ生徒ばかりで、明確な夢を持たない八軒は自分に引け目を感じます。勉強に自信はあったものの、酪農に関する知識や常識はほとんど知らず、この先の高校生活が心配になります。部活動は校則で必須参加だったため、クラスメイトの御影アキに憧れて馬術部に入ることに決めました。 朝から晩まで動物の世話に追われていく中で、「大切に育てていても、生産率の低い動物は殺され肉にされてしまう」という現実に対して割り切れない思いを抱えていた八軒。痩せた一匹の子豚に「豚丼」と名付け、出荷まで飼育することになります。

校内清掃で見つけた石窯でピザ会を主催したり、文化祭で輓馬レース(馬に重しを乗せたソリを引かせ、力と速さを競うレース)を再現したり、周りの生徒や先生の協力もありながら、八軒は少しずつ主体性を持っていき、充実した高校生活を送っていきます。

今回は、『銀の匙』の大ファンであるモデルの飯島しずかさんに、魅力をお聞きしました! 

『銀の匙』は獣医学生のバイブル

 

―本作を読み始めたきっかけはなんですか?

飯島しずか
大学内でブームになったことと、実写化されたことがキッカケです。獣医大生にとっての入門書ともいえるくらい皆一度は読んでます。

 ―なるほど。命の大切さについても多く触れられている本作品は、獣医学生の間でも話題になったんですね!好きなシーンはありますか?

飯島しずか
八軒君が馬と心を通わせるシーン。初めは馬が少し苦手だったが、その後馬を知っていくにつれて心を開いていく姿が素敵でした。

 ―八軒が、馬術部が4時起きで活動することを聞いてうんざりしてましたよね。でも、馬と向き合うことの大切さを学んだ後は進んで朝の世話当番を引き受けるシーンもありましたね。

好きな登場人物は誰ですか?

飯島しずか
御影と校長先生です

 

 ―御影が乗馬している時の横顔はかっこよくてたくましくて素敵で、私も好きです!

小人のような校長先生は、時に生徒にさりげないアドバイスや一言を残しますよね。自分の馬を馬術部に預けており、八軒のサボりを指摘したことも。

 シビアな世界で働く覚悟 

―『銀の匙』との出会いが人生をどう変えましたか?

飯島しずか
獣医を目指す身として、命の考え方、食に対する考え方を改めて考えさせられました。時に難しい選択を迫られることもある世界で、働いていく覚悟をしなければいけないと痛感しました。

―そうですね。御影の知り合いの馬の獣医をやっているおじさんは、獣医に必要なものとして「殺せるかどうか」と言っています。「生産率重視である経済動物を相手にする家畜獣医はいつも命の選択を迫られるし、獣医になりたくて農大へ入っても、その選択ができなくて獣医にならない人もいる。逆に、殺したくないという意志を持って頑張っている人が助けている命もある。」人間を相手にする医者と違い、「殺す」という選択も
珍しくない獣医は、殺さなければならないことに対する覚悟も必要なんですね。

―最後に一言お願いします!

飯島しずか
普段知ることのない、農業高校の日常から得るものも多い一冊です!!

―しずかさん、本日はありがとうございました!

「夢を持つということは、現実との戦いを覚悟すること」

夢を見つけることの大切さだけでなく、夢を持つことの厳しさまで教えてくれる作品は、少し大きくなった私たちにもとても響きました。

銀の匙

  • 著者:荒川弘
  • 出版社:小学館(少年サンデーコミックス)
  • 発売日:2011/7/15

モデルプロフィール

  • 名前:飯島 しずか
  • 生年月日:1992/04/12
  • 出身地:埼玉県
  • 職業:日本獣医生命科学大学
  • 受賞歴:ミス理系コンテスト2014ファイナリスト
  • 一言:大学の学祭は近所のわんちゃんがたくさん来ます!
  • 最近の悩み:寝起きが悪いこと
  • Twitter:@shizuka_nvlu

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

山田 茉文

21歳フリーター、趣味はインターネット。 漫画は私にとって、「本屋さんで選ぶ→家に帰って読む→本棚にしまう」まで全部が楽しい最高のエンターテイメント。中高生時代、女子校に通っていた私は少女漫画な展開を夢見る乙女だったが、現在はフリーター(高卒)という受け入れがたい現実から逃避するためSFやファンタジーばかり読む。 好きな漫画家は市川春子と入江亜季。オススメの少女漫画は『紳士同盟†』。