「諦めないのが、オレの魔法だ」 ジャンプ連載中!正統派少年魔法ファンタジー 『ブラック・クローバー』

熱血魔法少年譚 『ブラック・クローバー』

週刊少年ジャンプで連載中の『ブラック・クローバー』は、「友情・努力・勝利」の三大原則を高らかに掲げる王道少年バトルマンガ!それに加え、魔法・王国・騎士団・大剣…そして可愛いヒロイン!と、‟少年心”がくすぐられること間違いなし!今、人気急上昇中のファンタジー作品です!

ブラッククローバー

  • 著者:田畠 裕基
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/6/4

 

魔法が使えて当たり前の世界。その中に、代々魔道士のトップである”魔法帝”が平和を維持してきた国、クローバー王国がありました。貧民で孤児の主人公・少年アスタは、お世話になっているシスターに恋するまっすぐでおバカな熱血漢。それと対照的にクールで何でもそつなくこなす同じく孤児の少年・ユノと幼いころから一緒に魔法帝を目指し、日々鍛錬をつづけていました。しかし、天賦の魔法の才を持つユノとは対照的に、アスタはまったく魔法が発現できません。周囲に笑われながらも、魔法帝になるための努力を怠らず日々たくましく過ごしていきます。

15歳になった年、国民の魔力向上のために全国各地で行われる「魔導書(グリモワール)」授与式に訪れたアスタとユノ。参加者に適した魔導書が選ばれていくなかで、ユノはかつて世界を救った伝説の初代魔法帝が所持したといわれる「四つ葉のクローバー」が刻まれた魔導書を手にし、周囲の注目を浴びます。

そんな中、ただ一人アスタだけ魔導書が与えられませんでした。魔法帝への夢を見つめ直し、気持ち新たに頑張ろうと決意した矢先、アスタは盗賊に魔導書を狙われるユノを見つけ助けようとします。その際追い討ちをかけるように、アスタは自身に魔力が一切ないという衝撃の事実を知ってしまいます。絶望に打ちひしがれるアスタ。

……しかし、彼は諦めませんでした。すると、彼の目の前に「五つ葉が刻まれた魔導書」と、黒い大剣が!それは、魔力のないアスタだからこそ手にできた「魔法を無効化する反(アンチ)魔法の魔導書」であり、彼の鍛え続けた身体能力が発揮される唯一無二の武器でした!!特殊な魔法を手にしたアスタを中心に動き始めた過去からつながるストーリー。アスタは果たして魔法帝になれるのでしょうか・・・?

今回は『ブラック・クローバー』を、就活アイドルキチョハナカンシャで一期生としてご活躍されていたなつみさんに紹介していただきました!

『ブラック・クローバー』との出会いは?

なつみ

―本作を読み始めたきっかけはなんですか?

なつみ
『週刊少年ジャンプ』の新連載だったので興味を持ったのがきっかけです。

―そうなんですね!やはり少年漫画を語るには外せない”ジャンプ”の新連載となると、とてもワクワクしますよね!あらたな伝説が生まれるのではないかと….!
ではそんな期待度MAXで読み始めた『ブラック・クローバー』についてさっそくお聞きしたいと思います。好きなシーンはありますか?

なつみ
はい!あります! 好きなシーンは単行本6巻で描かれるアスタと同じクローバー王国騎士団「黒の暴牛」に所属しているゴーシュが仲間を初めて信頼し、自身の魔法を他の人(アスタ)ために使って敵を倒すところです!

―一匹狼であった彼が仲間意識を持ち、精神的成長がみられるシーンがとても胸熱で印象に残りますよね!

このシーンで活躍するゴーシュは妹が大好きで妹以外は無関心を貫き、他者を信用してきませんでした。そのため彼は、クローバー王国に強い憎しみを持つ敵対組織「白夜の魔眼」を前に苦戦を強いられます。しかし、そこで仲間であるアスタを信頼し、共闘する意を決することで彼にあらたな魔法が開花します。
ストーリーの中でも「白夜の魔眼VSクローバー王国魔法騎士団員たち」の激闘は、登場人物の成長と新たな一面が見られるので私も大好きな場面です!
ちなみに、なつみさんの好きなキャラクターは誰ですか?

なつみ
ノエル・シルヴァです!

―アスタと同期で黒の暴牛に入団した銀髪ツインテールのツンデレ美少女ですね!本当に可愛い・・・私も好きです!
彼女は本作のヒロイン。王族としてのプライドもありながらアスタに対して年相応な表情をみせる15歳の女の子です。黒の暴牛の仲間たちと出会い、アスタの諦めない姿を目にすることで苦手を克服し、成長していく彼女の‟強い”姿にも目が離せませんよね!

諦めないことの大切さとキャラクターたちのセリフの持つ強さ

―この作品ではキャラクターたちがそれぞれ課題を抱え、克服し成長していく姿が生き生きと描かれています。彼らの姿から学ぶことは多くあると感じますが、特になつみさんは本作を読んでどのようなことを感じましたか?

なつみ
「どんなに逆境でも努力をし続けること」、「諦めないことの大切さ」を、アスタをはじめ登場人物たちが教えてくれました。ヤミ団長の「今ここで限界を超えろ」という言葉が作中に何度も出てくるのが印象的です。

―「諦めないのが、オレの魔法だ」。グッとくるアスタの言葉からも伝わるとおり、目標に向かってまっすぐ努力する姿勢は、能力や技術に頼った強さではなく、最も大切な「心の強さ」だと感じます。一人の人として純粋にかっこいいですよね。ヤミ団長の強さとユーモア溢れ、どこか余裕を感じる姿・・・・・上司に欲しいです(笑) 色々と大変そうですが・・。

―では最後に皆さんに『ブラック・クローバー』の魅力をお伝えください!

なつみ
『ブラック・クローバー』はジャンプの三大原則「友情・努力・勝利」を体現した王道バトルファンタジーです。ジャンプ作品が好きなら面白くないわけがない!!!!是非読んでみてください!!

―アスタの成長、そして彼に感化され、一緒に前に進む仲間たちの姿。その他、アスタの反魔法について隠された過去やアスタと幼馴染ユノのアツい友情にも今後も注目していきたいですね!

なつみさん、本日はありがとうございました!

ブラッククローバー

  • 著者:田畠 裕基
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2015/6/4

モデルプロフィール

  • 名前:なつみ
  • 生年月日:1994/8/22
  • 出身地:愛知県
  • 職業:学生
  • 受賞歴:高校時代にダンスの大会で全国優勝した経験があります
  • 趣味・一言:ダンス/学生も最後なのでたくさん旅行したいです
  • 最近の悩み:バイトをしすぎて洗濯物を貯めてしまう
  • Twitter:@kichohana_natsu

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

橘

ライター名 橘 関東弁と関西弁を話すことができるバイリンガル。物心ついたころから漫画を読んでいたため、漫画を失うとアイデンティティが崩壊し、身体を構成する細胞が異常分裂を引き起こすことで人間ではない未確認生命体へと変貌を遂げる。 華の女子高生()時代では、少女漫画に加えて乙女ゲームにはまり、青春をすべて輝かしく充実したバーチャルで過ごした。現在では様々なジャンルの恋愛漫画を読んできたことで得た妄想力を、キラキラ女子大生たちの恋愛相談に活かし擬態する愉快な日々を送っている。好きな漫画は『ストロボエッジ』、『赤髪の白雪姫』