最終決戦の盛り上がりが凄い!『鋼の煉金術師』

強くなれるのは、守りたい人がいるから

幼い頃に母親を亡くしたエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックの兄弟は母親を生き返らせるために錬金術でも最大の禁忌と呼ばれる人体錬成を行なってしまう。

その結果は惨憺たるもので母親を生き返らせることが出来なかったばかりかエドワードは左脚、アルフォンスは体全部を失うという最悪の結果を招いてしまう。

さらにエドワードは弟であるアルフォンスの魂を鎧に宿らせるため自身の右腕までも失うことになってしまう、そしてエドワードは自身の無くなった右腕と左脚にオートメイルと呼ばれる機械を装着することに。

それから時が経ち12歳になったエドワードは軍の犬と呼ばれる国家錬金術師になる。

その機械の身体からか鋼という二つ名を与えられ、鋼の錬金術師として弟アルフォンスと共に秘宝である賢者の石を探しに旅に出ることになった彼らの運命はどうなっていくのか。

鋼の錬金術師

  • 著者:荒川 弘
  • 出版社:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2002/1

絶望からも奇跡は起こる

ーー好きなキャラクターは誰ですか?

美織
ロイ・マスタリング大佐です!

ーーロイ・マスタリング大佐と言えば年齢の割にどこかあどけなく、それでいて軍人サイドの主人公と言っても良い程の活躍ぶりを見せてくれる超人気キャラクターですよね。そして炎の煉金術師の称号を持つロイの戦闘シーンは発火のオンパレード..!炎を放つロイの迫力ある戦闘シーン。読んでいてこちらもつい熱くなってしまいますよね

 ーー好きなシーンを教えてください!

美織
ラストの戦闘で、ロイ・マスタリングは刺されたが..“焼いてふさいだ!!”(10巻)のシーンです。

ーーとにかくあの戦闘では、ロイ達が傷ついていく姿にヒヤヒヤしてしまいますよね。そして皆がロイ・マスタリングは死んだ、と絶望しかかった時からの展開が凄いですよね。死んだはずのロイが颯爽と現れ「焼いてふさいだ。二、三度気絶しかけたがな」そう発言し、ロイは容赦なく敵であるラストを燃やし続ける。戦うロイの姿に釘付けになってしまう名シーンですよね!ロイ・マスタリングの魅力がギュッと凝縮された戦いなのではないでしょうか

 ハガレンと、再び出会う事に

ーーこの漫画を読んだきっかけを教えて下さい。

美織
小学生の頃にみた記憶があり、大学生の時に突然アニヲタになり再び読み始めました。

ーー当時とはまた違う魅力を感じることが出来たりしますよね!それにしても、何が美織さんを“突然”アニヲタにさせたのかも気になります(笑)

 ーーハガレンに出会い、人生がどう変わりましたか?

美織
等価交換。全ての物事において相応の代償が必要だと気づきました。“痛みの伴わない教訓みには意義が無い”→行動・思考の一つ一つにおいて意味があり、それを己で見いだすのが必要だと。あと化学(煉金術)サイコー!!

ーー最後に一言お願いします。

美織
ハガレン命!!マスタリングの愛人になりたい(笑)

ーーロイ・マスタリングは勤務中に軍の電話で女性と電話したり、女性には目がないイメージが強いですね。しかし大統領になる為のキャリアを積み、そして見事、若くして大佐にまで登りつめたロイ・マスタリング。英雄色を好む、と言った所なのでしょうか(笑)

今回は美織ちゃんに鋼の煉金術師の魅力を熱く語って頂きました。

『うろたえるな!思考を止めるな!生きることを諦めるな!』と言う名言が本作には登場する。

“本気”は出し切れているのか。あと“前向き”になる事で光は必ず見いだせる。

それらは当たり前なのだけど中々難しい時もある、そんな時はこの漫画で全力に生きる為のヒントを見つけてみてはどうだろうか。

鋼の錬金術師

  • 著者:荒川 弘
  • 出版社:スクウェア・エニックス
  • 発売日:2002/1

モデルプロフィール

  • 名前:中山美織
  • 生年月日: 1993/12/13
  • 出身地:東京都
  • 職業:早稲田大学
  • 受賞歴:ミス理系2013特別賞
  • 趣味・一言:アニメ、映画鑑賞、一人旅 
  • 最近の悩み:実験に飽きた
  • Twitter:@miori_micharyo
  • Insta:@miori_micharyo

(カメラマン:Rimi Sakamoto)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

友美

冨樫義博先生の漫画をはじめ、漫画が好きです。カフカの“変身”は漫画ではありませんが「朝起きたら主人公が虫になり仰向けのまま起き上がれない&虫のまま死ぬ」と言う私にとっては謎のストーリー。 初めて読んだ10代の頃、どうしてこんなつまらない本が世に転がっているのだろうと思いました。今でも意味はわからないが、名作はこんな風に人の心に残り続ける物だなと思い、読書全般好き。 読者モデルとピアノ演奏もやっています。