少年少女よ、涙せよ『からくりサーカス』

karakuricircus_top

運命がめぐるサーカス

180億円もの遺産を相続することになった小学5年生11歳の才賀勝。
人を笑わせないと生きていけない『ゾナハ病』という病気の19歳の加藤鳴海。
マリオネット『あるるかん』を操り、勝を守る為に戦う19歳の美女・才賀エレオノール(しろがね)。

この三人をめぐって動く人生の物語です。

本編はプロローグから機械仕掛けの神編までの5編から成り立つ超大作。

少年少女が見せてくれるそれぞれの人生とは!?『からくりサーカス』を、なつみちゃんに紹介してもらいました。

からくりサーカス

  • 著者:藤田 和日郎
  • 出版社:小学館
  • 発売日:1998/1/15

助けることとは

karakuricircus_1

からくりサーカスを読んだきっかけは何ですか?

なつみ
小学生のときに病院に置いてあったのがきっかけです。それから読み始めました。

そうなんですね。偶然の出会い、というやつでしょうか。それにしても病院にこのマンガが置いてあるんですね、ちょっと意外でした。

なつみ
シリアスなシーンも多いですけれど、心温まる場面も多いですからね。

たしかに!では、好きなキャラクターをまず教えてもらえますか?

なつみ
ギイ・クリストフ・レッシュです。エレオノールを育てたしろがねなんですけど。あっ、しろがねというのは「生命の水」を飲んで不死の身体になった人のことをいうんです。でもこの作品ではしろがね、はほとんどエレオノールのことを指すんですけど。

好きなシーンはどこでしょう?

なつみ
最後にしろがねが笑うところです。なんというか、あそこで笑うのがしろがねらしいなって思えるんです。どうしてもその笑顔が頭から離れない。あとは一番好きなキャラであるギイの最後。ほんとにこれが最後なの?と思えるくらい穏やかだったそのシーンも忘れ難いです。

笑うことは大事なこと

karakuricircus_2

好きなシーンについて話してもらいましたが、その中で感じたことってなにがありますか?

なつみ
この作品は「笑い」が主軸に描かれた作品だと思っています。なので、作中に「笑い」や「笑顔」といった言葉がたくさん登場します。自分が笑っていれば周りの人も笑顔になれる。どんな時でも笑っていれば、「幸せが似合わない人なんていない」という作中のセリフのように、きっといいことも起きるんだと思って日々を過ごしています。

素敵なセリフですね。その言葉だけでなんだか幸せになれた気がします。

‐それでは、最後に一言おねがいします!

なつみ
こ全部で43巻あって、絵も好き嫌い別れる作品ですが、ぜひ一巻だけでも読んでもらいたいです。マンガを読んで人生で一番泣いたお話です。

‐感動の作品だと伝わってきました。

なにかに涙したいとき、自分といる世界とは違う世界をみたいときにぜひ!

 

からくりサーカス

  • 著者:藤田 和日郎
  • 出版社:小学館
  • 発売日:1998/1/15

モデルプロフィール

karakuricircus_profile
  • 名前:なつみ
  • 生年月日:1994/8/22
  • 出身地:愛知県
  • 職業:学生
  • 受賞歴:高校時代にダンスの大会で全国優勝した経験があります
  • 趣味・一言:ダンス/学生も最後なのでたくさん旅行したいです
  • 最近の悩み:バイトをしすぎて洗濯物を貯めてしまう
  • Twitter:@kichohana_natsu

(カメラマン:伊藤広将)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

土田 遥香

物心ついたときから家に少年ジャンプがある環境で育ち、見事オタクになる。一日一冊はマンガを読まないと生きていけない体になってしまった。オススメ本・マンガは「魔王(伊坂幸太郎)」「X(CLAMP)」。好きなことは実家で飼いだした犬とのビデオ通話と全国各地の美味しいもの食べ歩き。インドアもアウトドアも任せてください。