君の記憶を取り戻す、そこにたとえ俺がいなくても『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE』

異世界を旅する少年たち

考古学者の父を持つ主人公・小狼は遺跡の研究のためにとある国に幼いころから住むようになります。そこで出会ったのがその国のお姫様であるサクラ。成長するにつれ、二人の間には恋心のようなものが芽生えていきます。

このまま時が進めばいつかは結ばれるであろう二人。そのはずだったが、ある男の謀略によりそれは叶わぬこととなります。サクラ姫には実は世界を変えてしまえるほどの力があったのです。その力を狙った男により、サクラ姫の力と記憶が結晶化した「羽」が異世界に飛び散ってしまいます。

「羽」を集めないとサクラの身体は死んでしまうし、記憶ももとに戻らない。異世界に散らばった「羽」を集めに小狼は旅に出ます。

しかし、彼には次元を超える力はありません。そこで、次元の魔女と呼ばれる<ミセ>の店主・侑子に対価を払ってその力をもらいます。その<ミセ>には小狼以外にも次元を渡りたい人が二人。三人それぞれが一番大事なものを対価として払い、異世界を旅します。

そして小狼が対価として払ったのは「サクラとの記憶」。たとえすべての羽を集めてもサクラが自分のことを思い出すことはない。二人で築き上げた関係もすべてがなくなってしまう。それでもサクラを助けたい小狼はその対価を払っていつ終わるかわからない危険な旅へと進んでいく話です。

大事な人を救うために自分のすべてをかけて旅をする少年が見せてくれるストーリー。今回は『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』を、酒井瑛莉ちゃんに紹介してもらいました。

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCL

  • 著者:CLAMP
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2003/8/12

めくるめく変わる世界

tsubasa_3

ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-を読んだきっかけは何ですか?

瑛莉
もともとCLAMP先生の「カードキャプターさくら」が好きで、そのつながりで読み始めました。「xxxHOLiC」を紹介したときにも話したのですが、CLAMP先生の作品は他の作品とつながっているんですよ。
瑛莉
読み始めたのは小学生の時だったのですが、内容がちょっとむずかしくて当時は理解できなかったんですけれども、大学生になってアニメを見たらこれは面白い! と思ってマンガも集め始めたんです。

なるほど! ここが面白い、というポイントはありますか?

瑛莉
いろんな異世界を旅するので、毎回新しい世界がどんな世界なのか楽しみながら読めるところです。昔の日本みたいなところもあれば、近未来の世界に海中の中の世界。様々なものがありました。

「人」の関係を考えていく

tsubasa_2

では、次に、好きなキャラクターはいましたか?

瑛莉
小狼と一緒に旅をすることになった青年、ファイ・D・フローライトです。ふわふわしている印象が強い魔法師なんですけど、彼はずっとなにかから逃げているんです。そこには彼の生い立ちが関わっているんですけれど、そこが悲しくもあったかい、人の願いを感じる話なんです。

なるほど。では、彼らからなにか受け取ったものはありますか?

瑛莉
“本当の強さとは何か”それがすべての登場人物から考えさせられました。主人公の小狼だけが強いんじゃなくって、一緒に旅をするファイ、黒鋼、サクラ、そして出会う人たちすべてがそれぞれの強さを持っています。

それでは、最後に一言おねがいします。

瑛莉
一人ひとりが違う目的を持ちながらも旅をしますが、いつしか共通の目的をもって一つになるいくところも見どころです! ぜひ読んでみてください。

‐ありがとうございます!

現在はマガジンSPECIALで続編も連載しているツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-。壮大なファンタジーが見てみたい! という人はぜひ読んでみてください。

ツバサ―RESERVoir CHRoNiCL

  • 著者:CLAMP
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2003/8/12

 モデルプロフィール

tsubasa_profile
  • 名前:酒井瑛莉
  • 生年月日:1993/12/07
  • 出身地:東京都
  • 職業:大東文化大学
  • 出演歴:ミス大東2013ファイナリスト
  • 趣味/一言:映画鑑賞、書道
  • Twitter:@eriolol7

(カメラマン・Rimi Sakamoto/個人サイト・http://www.rimisakamoto.net/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

土田 遥香

物心ついたときから家に少年ジャンプがある環境で育ち、見事オタクになる。一日一冊はマンガを読まないと生きていけない体になってしまった。オススメ本・マンガは「魔王(伊坂幸太郎)」「X(CLAMP)」。好きなことは実家で飼いだした犬とのビデオ通話と全国各地の美味しいもの食べ歩き。インドアもアウトドアも任せてください。