人との出会いが心を変える『三月のライオン』

これは少年のすべてをかけた戦い

将棋を指したことはありますか? 

細かいルールはいろいろとありますが、相手の玉将と言われるコマを詰ませれば勝ちになるボードゲームの一種です。

学校の部活や趣味の一つとしてやっている人も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介するのはその将棋のプロとして生きている少年のお話です。プロ、ということはそれを仕事として生活しているということ。

お話の主人公は史上5人目となる中学生でプロ棋士となった桐山零。

幼いころに両親を亡くし、将棋のプロをしている人の家に引き取られ、自分もプロになった桐山はその家を高校生で出る選択をしました。

そうして一人暮らしをしながら将棋の世界で出会った人、高校に通いながら出会った人、そして彼の人生を大きく左右することになった川本家の人々とのつながりを通して描かれていくお話です。

NHKでアニメが絶賛放映中、2017年には神木隆之介さん主演で映画も決まっている『三月のライオン』を、鮫島啓ちゃんに紹介してもらいました。

3月のライオン

  • 著者:羽海野チカ
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2008/2/22

 

力強い生き方に心がふるえる

DSC_8234-2のコピー

三月のライオンを読んだきっかけは何ですか?

「ハチミツとクローバー」というマンガがあるんですけど、その作者さんが新しくお話を描くということで読みました。大好きな羽海野チカさんのマンガをまた読める!と思って胸が躍りました。

なるほど。それなら「ハチミツとクローバー」のお話も伺いたいのですが……

それは明後日にまたご紹介させていただきますね笑

明後日も鮫島さんおすすめマンガなんですね!楽しみです。では、三月のライオンで好きなキャラクターはいますか?

川本ひなたちゃんです!

女の子なんですね。どういう子なんですか?

主人公の桐山くんがよくお世話になっている川本家の次女の中学生の子です。
自分の決めたことは絶対に譲らない芯の通った子で、彼女のいる中学校でいじめが起きるという事件があったんですが、誰も標的にされた女の子を助けようとしない。なぜなら自分が標的にされてしまうかもしれないから。

けれどもひなちゃんはそんなことをかまわずに助けに行くんです。その後、ひなちゃんはいじめグループから標的にされちゃうんですけど、あの時助けに行ったことは絶対に間違っていない!と言うんです。そのシーンに心打たれました。

それと同時に、中学生であそこまで強くいられる子はいるのだろうかと考えさせられました。

 

人と人のつながりこそがすべて

DSC_8220-2のコピー

このシーンが特に好き、というのはありますか?

10巻で桐山くんがみんなの前でひなちゃんへの想いを堂々と告白したシーンです。

ネタバレになっちゃうので詳しくは言えないんですけど、川本家の一大事に桐山くんが自分から関わっていく話があるんです。そこで、ひなちゃんへの想いをバーン!と告白するんです。

ただ、その告白に驚いてひなちゃんは熱をだしちゃうんですけど笑

なるほど笑 そんなに意外なシーンなんですね!ちなみにですがこのマンガにもらったものはありますか?

困難に立ち向かう力をもらいました!最初に言った、ひなちゃんのお話でもそうでしたが、三月のライオンはひとつひとつのストーリーがどれも心にガツンとくる重いものが多いんです。だから読むときはいつも深呼吸を一つしてから読むんです。

なるほど。それでは、最後にこの作品の魅力を教えてください!

桐山零という少年が人と関わっていくことで優しい方向に変わっていく、心がほっこりするマンガです。

人の綺麗なところだけが描かれているわけじゃないけれど、そのやりとりも通して好きになっていけるところが魅力です。

‐三月のライオンの魅力が伝わってきました!

まだ読んだことがない人は一度ぜひ読んでみてはどうでしょうか?アニメもまだまだ始まったばかりですし、今からでもまだ間に合いますよ!

本日はありがとうございました!

3月のライオン

  • 著者:羽海野チカ
  • 出版社:白泉社
  • 発売日:2008/2/22

モデルプロフィール

samejima_profile
  • 名前:鮫島啓
  • 生年月日:1991/1/24
  • 出身地:東京都
  • 職業:臨床心理士
  • 受賞歴:ABC cooking 読書モデルニコモ3期生
  • 趣味・一言:ピアノ、読書
  • Twitter:@my_samelody
  • Instagram:k_samelody

(カメラマン・Rimi Sakamoto/個人サイト・http://www.rimisakamoto.net/

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

土田 遥香

物心ついたときから家に少年ジャンプがある環境で育ち、見事オタクになる。一日一冊はマンガを読まないと生きていけない体になってしまった。オススメ本・マンガは「魔王(伊坂幸太郎)」「X(CLAMP)」。好きなことは実家で飼いだした犬とのビデオ通話と全国各地の美味しいもの食べ歩き。インドアもアウトドアも任せてください。