あなたの王子様がきっといる『新テニスの王子様』

舞台は男子テニス部

舞台は青春学園中等部の男子硬式テニス部。
この学校はテニスの名門校です。
主人公の越前リョーマは全国的に名高いテニスプレイヤーである父、南次郎を超える為に学園に入学しテニス部に入りました。
最初は父ばかりを見上げていたリョーマ。
しかし仲間やライバルと試合をする内に「父を超えた先に何があるのか」と考える様になり、その先に“青春学園の柱”として活躍する道を見出だします。
青春学園男子テニス部がトップを目指して沢山の強豪校と戦っていくストーリー。

今回は「新テニスの王子様」を柚香ちゃんに紹介してもらいました!

新テニスの王子様

  • 著者:許斐 剛
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2009/8/4

テニスに打ち込む姿

princeoftennis_1

–好きな登場人物は誰ですか?

柚香
菊丸英二君と越前リョーマ君です

 –天真爛漫でチームのムードメーカー的存在の菊丸。親しみをこめてリョーマの事を『おチビ』と呼ぶ等、自由奔放だけれど後輩思いな面を持つキャラクターですよね。

–そして菊丸と対極的とも言える性格を持つリョーマが好きなんですね!ひたすらクールで格好つけで、テニスの実力がずば抜けているリョーマはどこか生意気な印象をも持たれがち(笑)しかしそんな中に何故か可愛らしさも見え隠れするんですよね、そんなツンデレ具合がリョーマの持つ魅力のひとつなのかもしれません。ちなみにどちらも人気ランキング上位キャラですね!

本気でぶつかり合う事も友情

princeoftennis2

-好きなシーンはどこですか?

柚香
1巻(新テニスの王子様)の黄金ペアである菊丸vs大石の同士討ちです

–ダブルスの黄金ペアと呼ばれる二人の試合ですね!普段は相方である大石を負かしたくなく、わざとなのか、フォルトをしてしまう菊丸。そしてそれに気付き一喝する大石に真の友情を感じます。唯一試合を躊躇した菊丸が描かれていましたね

–漫画を読んだきっかけを教えてください!

柚香
アニメの大ファンであり、そこから原作も読み始めました

–原作も有名ですし、テニプリはアニメからミュージカルまでと幅広く楽しめますね。

 青春を共に過ごした一冊

princeoftennis3

–この漫画との出会いがあなたの人生をどう変えましたか?

柚香
中学高校と女子校で育ち、部活など入っていなかった私。仲間との絆や挫折や喜び、様々な感情を新テニスの王子様の学校生活や魅力あるキャラクターから教えて頂きました

–男子の部活動とリアルな青春まで描かれていますものね!最後に一言お願いします。

柚香
今もまだ連載が続く人気漫画。その勢い止まらず、様々なメディアで世の女性を虜にする。テニプリは他の作品との次元を超えています。作者の『ハッピーメディアクリエイター時々漫画家』許斐剛先生にファンはどこまでもついていきます

-これから先も王子様の活躍を見守っていきたいですね

懸命な姿は格好良い

個性溢れる格好良い男子部員やテニスプレイヤーが登場する本作は、少年漫画でありながら女性ファンが非常に多いです。“懸命に打ち込める何か”を持っている彼らは強く、そして格好良いのです。

詠んでみたら王子様達の華麗なテニスプレーにときめいてしまう何かがあるかもしれません!

もちろんテニスの試合も本格的に描かれています。

スポーツ漫画としての楽しさも王子様の魅力に負けない位あります。

新テニスの王子様

  • 著者:許斐 剛
  • 出版社:集英社
  • 発売日:2009/8/4

モデルプロフィール

princeoftennis_progfile
  • 名前:稲葉柚香
  • 生年月日:1994/1/8
  • 出身地:静岡県
  • 職業:フラワーアレンジメント
  • 受賞歴:2016年TBS「恋んトス」シーズン4いなっち、講談社with読者モデル
  • 趣味・一言:テニスの王子様が大好きです
  • Twitter:@zuyu111
  • Instagram:yuzu_kaori123

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

友美

冨樫義博先生の漫画をはじめ、漫画が好きです。カフカの“変身”は漫画ではありませんが「朝起きたら主人公が虫になり仰向けのまま起き上がれない&虫のまま死ぬ」と言う私にとっては謎のストーリー。 初めて読んだ10代の頃、どうしてこんなつまらない本が世に転がっているのだろうと思いました。今でも意味はわからないが、名作はこんな風に人の心に残り続ける物だなと思い、読書全般好き。 読者モデルとピアノ演奏もやっています。