そこのあなた、あきらめたらそこで試合終了ですよ。『スラムダンク』はただの、バスケマンガではない!

バスケと恋愛と人生を描いた青春ストーリー

主人公は不良少年の桜木花道。

スラムダンク、通称“スラダン”は彼の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画です。

一見どこにでもありそうな設定なのですが、何故か読んでいくうちに、主人公の桜木花道にどんどんのめり込んでいきます。

日本中の人々が、そんな感覚を味わったのではないか、と思います。

また、スラムダンクの魅力は、主人公の桜木だけではありません。

主人公桜木のライバルとして描かれるイケメンでスタープレイヤーの流川も、桜木と並んで人気キャラクターで魅力的です。

累計単行本発行部数は1億2000万部を突破しており、爆発的な人気を誇ります。

そんな国民的マンガである、『スラムダンク』を、宮本さゆみちゃんに紹介してもらいました!

まだスラムダンクを読んだことがない人はもちろんのこと、読んだことがある人も再度チェックしてみてください。

スラムダンク

  • 著者:井上 雄彦
  • 出版社:集英社
  • 発売日:1991/2

20~30代の○○

slamdunk_2

–このマンガを読んだキッカケは何ですか?

さゆみ
まず、アニメを見てファンになりました。

–映像からだったのですね。そのあとマンガを読んだのですか?

さゆみ
そうです!全巻一気に読みたかったので、親にねだったら、親が全巻購入してくれたんです。(笑)

–それは、ラッキーですね。(笑) 全巻一気に読んだんですか?

さゆみ
数日で一気に読んでしまいました!周りも皆読んでいましたし。

–確かに、私たちの世代は、皆読んでいたし、気になりますよね。私もバスケ部でもないのに、読んでました。

さゆみ
そうなんです!私たちにとってスラムダンクは、“共通言語”のようなものだったと思うんです。
さゆみ
私、あまり異性と話すのが苦手だったんですが、スラムダンクのおかげで男の子とも、盛り上がることができるようになりました。(笑)

桜木と個性の豊かな仲間たち

slamdunk_1

–まさに共通言語ですね。そんなスラムダンクについてネタバレしない程度に教えてください。まず、好きなキャラクターは誰ですか?

さゆみ
みっちーです!

–桜木でも流川でもないんですね。さて、みっちーって誰でしたっけ?

さゆみ
え、スラムダンクちゃんと読んでます?笑 三井寿ですよ。挫折してしまい不良化してしまったけど、バスケへの想いを捨てきれず、「バスケがしたいです」、と告白してバスケ部に復帰したみっちー!

–そうでした!最近読んでなかったので・・・。すみません。笑 桜木や流川だけでなく、個性の強いキャラがたくさんいるのもスラムダンクの魅力ですよね。

–魅力的なシーンがたくさんあると思うのですが、その中でも特に好きなシーンとかありますか?

さゆみ
最後のハイタッチのシーンです。言ってしまうとネタバレになってしまうので、言わない方が良いと思うのですが、そのときの音がそのまま聞こえてくるような、臨場感を感じました。

–確かにあのシーンは読んでいて、スカッとするし、感動しますよね。何のシーンかは、読まれていない読者の方は是非マンガを手に取り確かめてみてください。さゆみさん最後にスラムダンクについて一言お願いします!

さゆみ
はい! 笑いあり、涙あり、井上先生のセンスが光りすぎています!ぜひ読んでみてください!

–ありがとうございました!『スラムダンク』の魅力に再度気付かされた気がします。

まだ読んでいない人、そして読んだ人も、再度目を通して、青春を、諦めない心を思い出してみませんか?

 

最後に私の好きな安西先生のセリフをご紹介。

“最後まで・・・希望を捨てちゃいかん 
あきらめたらそこで試合終了だよ”

 

スラムダンク

  • 著者:井上 雄彦
  • 出版社:集英社
  • 発売日:1991/2

 モデルプロフィール

slamdunk_profile
  • 名前:宮本さゆみ
  • 生年月日:1988/11/20
  • 出身地:神奈川県
  • 職業:会社員
  • 受賞歴:withgirls TOP7
  • 趣味:カメラ
  • Instagram:@minsayu

(カメラマン:伊藤広将)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

有吉 洋平

株式会社SENSATION代表取締役。 大学卒業後、欧州系戦略コンサルティングファームの株式会社ローランド・ベルガーに入社。戦略立案からオペレーション改善まで、幅広いコンサルティング業務に従事。2015年、「本to美女」や様々なWEBサービスを運営する株式会社SENSATIONを創業、代表取締役に就任。