マンガと美女と人生についてちょっと考えてみよう。『宇宙兄弟心のノート』

読者の皆様はじめまして、マンガto美女代表の有吉です。

本日、マンガto美女をリリースしましたので、マンガの力について少しだけ書きたいのと、私個人がオススメのマンガを1冊紹介します。私は美女ではありませんが、少しだけお付き合いください。笑

いきなりですが、あなたには、人生をちょっと面白くした“マンガ”はありますか?

たかが漫画、されど漫画。漫画には、文字だけの小説やビジネス書などの本にはない不思議な力がある気がします。もちろんそういった文字だけの本にしかない力もあるのですが。

私は人生のあらゆる場面で、漫画に影響を受けてきました。
MAJOR』や『ルーキーズ』を読んで野球をはじめ、『キャプテン翼』や『シュート!』を読んで高校で突然サッカー部に入り、そして『ドラゴン桜』を読んで一浪して東大に入りました。
(ここまでくると影響をうけすぎているような気もしますね。笑)

社会人になり、忙しくなり時間がない中で読み返した宇宙兄弟。
宇宙兄弟のおかげで、私は起業という一歩を踏み出すことができました。

自分で言うのも可笑しいですが、世間一般的に言うと私はエリート街道と呼ばれる道を歩んできました。

1年前、起業しようと思っていた時、周りからは反対しかされなかったことをよく覚えています。

  • まだ早いんじゃない?もう少しコンサルやった方がいいでしょ。
  •  今の会社に居た方がキャリアアップできるよ。
  •  わざわざ何で起業するの?このまま居たら一生安泰だよ。

そんな言葉をかけられたり、笑われたのは一生忘れないでしょう。

そんな中で、社会人経験が1年しかない私が早期に起業できたのは、『宇宙兄弟』のおかげです。

漫画では、人生を変えることはできない。ただ、人生をちょっと面白くするために、背中をそっと押してくれる。漫画にはそんな力があると思うのです。

Not頭のノート But心のノート

ceoblog_release1

そんな私の背中をそっと押してくれた『宇宙兄弟』のメモしたくなる言葉たちを集めた一冊『宇宙兄弟心のノート』からいくつかの言葉を紹介して、初日の代表ブログを終えようと思います。

宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」

  • 著者:小山宙哉 (著),モーニング編集部
  • 出版社:講談社
  • 発売日:2012/3/23

道なき道を行こう

100の言葉たちの中から、まずは主人公・南波六太の言葉を紹介します。

メロディなき メロディを奏で 道なき道を行こう そこに俺にとって一番の 金ピカがあるのだ
(第1巻 #2 『俺の金ピカ』)

この言葉は、大人になるに連れて諦めてしまった宇宙飛行士になる夢を思い出し、子供の時に金ピカだからという理由で選んだトランペットを久しぶりに吹くシーンでの言葉です。

起業には答えがない、進むべき道などない。だからこそ、私にとって起業は「一番の金ピカ」であると思えたシーンでした。

諦められる夢とは?

ceoblog_release2

次に、六太の弟、日々人の言葉を紹介させてください。

宇宙行くの夢なんだろ 諦めんなよ もし諦め切れるんならそんなもん夢じゃねえ
(第2巻 #13 『拝啓日々人』)

六太が宇宙飛行士の選抜試験の途中で諦めようとしたときに、言い放った力強いセリフです。

人は現状に満足し、いつの間にか夢を諦めることに納得してしまいがちになります。私にとっても「自分の夢とは何か」改めて考えるキッカケとなる言葉でした。

人生は皆一度きり

ceoblog_release3

最後に、私が1年間という短期間で、起業する決心をした言葉を紹介します。

僕はもう決めたんだ 迷っている暇なんてない……!人生は短いんだ……!
テンションの上がらねえことに……パワー使ってる場合じゃねえ……
(第11巻 #109 『誓いのサイン』)

六太の指導教官ビンスと開発者ピコの少年時代の言葉です。
彼らは少年時代リックという少年とともに3人で宇宙を目指していました。

周りの大人たちからはいつまでも夢を見ないで、地元の鉱山で働くために勉強するように迫られ、ビンスとピコは宇宙への夢を諦めようとします。

そんなある日、最後まで一人で夢を諦めなかったリックが不慮の事故で死んでしまいます。
宇宙に本気で憧れて、兄弟のように歩んできたリックの死。

ビンスとピコが失意の中、本当の夢へ向かおうと決心した時の言葉です。

人生は一度しかなく短く限りがある。いつ人生の終わりが来るかはわからない。誰もが平等に有限なものが時間であり人生です。

人生で最も大切なモノ。それは“時間”だと思うのです。

私は、そんな限られた自分の時間を、「起業」に捧げ、ユーザーの生活が少しでもよりワクワクしたものになるサービスを創り続けることに決めたのでした。

書きたいことはまだまだありますが、想定以上に長くなってしまったので、この辺りで終わりにしたいと思います。

タイトルで、漫画と美女と人生についてと言っていたのに、つい熱くなって美女に触れるのを忘れていました。すみません。ただ、私が美女について色々語る必要はないでしょう。

美女がこれから、「人生をちょっと面白くする」マンガを紹介していきますので、これからはじまるマンガto美女を楽しみにしていてください。

マンガto美女 代表 有吉洋平

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Photo Me

WRITERこの記事をかいた人

有吉 洋平

株式会社SENSATION代表取締役。 大学卒業後、欧州系戦略コンサルティングファームの株式会社ローランド・ベルガーに入社。戦略立案からオペレーション改善まで、幅広いコンサルティング業務に従事。2015年、「本to美女」や様々なWEBサービスを運営する株式会社SENSATIONを創業、代表取締役に就任。